住宅、不動産問題の現状

住宅・不動産

住宅、不動産問題の現状

住宅、不動産問題の現状は投資と相続に分けられる

住宅など不動産の問題は現状としてさまざまなものがありますが、大きく分けると主に投資での問題・相続での問題・空き家の問題に大きく分けられます。

・投資目的の不動産問題
投資でよくある問題としては、一定の年数は家賃保証される名目で購入した物件がその年数に満たない期間なのに家賃見直しで値下げされてしまう問題が挙げられます。投資目的の不動産は保証された家賃で回収できるかが購入を検討する重要なポイントにもかかわらず、その家賃を下げられては購入費用を返済することが困難となってしまうでしょう。他にも「今後価値が上がる」と言われたのにいつまでも変わらないなど、副収入として購入したサラリーマンが返済により、生活が厳しくなるケースも不動産投資の問題としてといえます。

・相続で発生する不動産問題
不動産は預貯金のように簡単に分けられず、相続人同士の間で土地の価格も同じ認識にする必要があります。兄弟間の仲があまり良くない家庭であれば、遺産分割の協議が進まないことも珍しくなく、これは相続のみならず離婚での財産分与でも同様です。

・空き家問題
現在所有している住宅や相続した住宅がそのまま誰も居住しておらず空き家となってしまう問題もあります。相続後も賃貸として活用されていない背景には、人口減少や少子高齢化といった社会的な問題も原因のひとつとなっています。

不動産の有効活用事例

相続や離婚による遺産分割や財産分与で争っている場合には、専門家に相談しないと解決は難しいでしょう。不動産を有効に活用する方法には下記のような例があります。

・収益がでない不動産の活用
投資目的で購入した不動産に空き室が多い場合、民泊や時間貸しなどで活用する選択があります。民泊は許可が必要で物件内に入居者への考慮もしなければいけませんが、イベントやセミナーに活用してもらう時間貸しであればハードルが低く活用しやすくなります。

・空き家の活用
空き家になっている戸建てなどは土地にして駐車場やトランクルーム、太陽光発電の施設など遊休地にすれば収益を得られます。まだ相続前であれば相続放棄する選択もありますし、相続した後も空き家を一定期間内に売却すれば、所得ではなく不動産の取得費用に含めて節税できるでしょう。

上記でご紹介したプランニングも場所や物件、その他条件によっては選択肢とならない場合もあります。駐車場は利用者が見込めなければ始めることが難しく、費用も発生することも。相続放棄も、不動産を管理する人が決まるまでは管理しなければいけません。

まずはお気軽にご相談してみることがスタートだと思います。

これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555