社会復帰支援の現状

社会復帰支援

社会復帰支援の現状

精神疾患者の自立支援

現代の日本はストレス社会ともいわれており、そのためか精神疾患の治療のため医療機関に通院している人の数は年々増えてきています。精神疾患を患うと日常生活に大きな影響があり、その重さによっては退職しなければいけない場合などもあります。

こうした精神疾患の治療を行った人が社会復帰するためには、地域や企業の支援を受けなければ難しい場合があります。特に、精神疾患は再発する場合も多く、再度治療にが必要な状況が出てきてしまえば、また職を失うことにもなりかねません。

精神科や心療内科の医師は、うつ病患者の社会復帰に対してはある程度復帰可能と考える人が多いです。このある程度というのは、周りの理解やサポートがないと難しいケースが多いという理由になっています。

社会復帰をするためには、その企業側が自立支援をサポートしてくれる環境であるのかどうかが重要となり、企業以外にも相談をしながら進めていくことが大切です。

ニートの自立支援は早めの相談を

またニート、ひきこもりなどの社会復帰も周りの理解・サポートが必要です。ニートやひきこもりの社会復帰は自分から望むのではなく周囲が自立を働きかけるケースがほとんどですが、そもそも本人が社会復帰を望んでいないのに、周囲が無理に自立させようとすることで状況が悪化することがあります。

無理に強要するのではなく、まずは本人に社会復帰したいという意識を持つように働きかけることがニートや引きこもりの社会復帰には必要なのです。しかし、焦ってしまったばかりに結果として余計に社会復帰する意欲をなくしてしまうことが多いのも事実と言わざるを得ません。特に、自立支援の施設、センターなどには悪化した状態で初めて相談するという事例が多いです。

悪化している状態だと、じっくりと本人の気持ちが変化するのを待たなければいけず、長期的な支援が必要となってきます。現状のままではいけないからと焦って周囲が無理に社会復帰させるのではなく、自立支援の相談を受け付けてくれるところに早めの相談をすることが重要です。

これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555