一人で悩まない!

夫婦修復

一人で悩まない!

夫婦は他人の始まり

日本には「夫婦は他人の始まり」という言葉が古くから存在します。毎日生活を共にして経済的にも時間的にも分かち合い、お互いをよく知り尽くしていると思っていても、何か事が起こると実は相手のことを本当には理解していなかった、夫(妻)に全く知らない顔があったことを知って愕然とするという話は決して珍しくはありません。

離婚を考える夫婦の多くは、自分の全く知らない配偶者の別の一面に付いていけないことが理由になるケースが多いのですが、もともと夫婦というのは人格も育ちも違う他人であることをしっかり認識しておけば自分が配偶者に対して持っているイメージと現実にズレが生じても何とかそれを乗り切ることができます。

問題やすれ違いがあっても正直に話し合えば解決する努力はできますから、夫婦間に危機が訪れたら、まずは自分の気持ちを相手にきちんと伝え、お互いを理解し合うことが大切です。魔が差して浮気をしてしまい、それが配偶者にバレた場合でも、心から反省して浮気をやめ、元に戻ろうとすれば相手も理解してくれるかもしれません。

難しい問題も一人で抱えずご相談ください

心のすれ違いが何年にも及んでいる夫婦になると話し合いの場を持つこと自体が難しくなるかもしれません。こんなときは相談の窓口へご相談ください。相談の窓口ではただ単に相談者の悩みを聞いてカウンセリングを行うだけではなく、現在のトラブルに対してどのように立ち向かっていけばいいか、どのように関係修復をしていったらいいかについて適切なアドバイスを行っています。

スタッフはみな関係修復に関するプロですから、それぞれのケースに合わせて最も効率のいいプランを作成し、提案することができます。不倫問題はもちろんのこと、アルコールやギャンブルへの依存や引きこもりなどのトラブルにも広く対応しておりますので、悩みがある方は一人で問題を抱えず、とにかくご相談いただくことをおすすめします。

どんなトラブルでも早めに解決しておけば重大な問題に発展する前に食い止めることができるものです。お問い合わせはメールでも受け付けています。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555