他人だから話せる、理解できる。(第三者の必要性)

引きこもり

他人だから話せる、理解できる。(第三者の必要性)

大切な家族のなかに引きこもり生活をしている子供がいるとき、家庭内で引きこもりの問題を解決しようとしても難しいでしょう。引きこもり生活から脱出したいけどできない子供、なんとか子供を外の世界へ戻したい両親、お互いの気持ちが交差して、家庭内の雰囲気はどんどん悪くなってしまいます。家庭内の空気も悪く、引きこもりが長引くと、それだけ早期解決が難しくなります。

そこで引きこもりの悩みについては、第三者に相談することをおすすめします。公的なところからNPOまで、引きこもりの相談窓口は多数あり、引きこもりで不登校の子を専門に勉強を教えてくれる家庭教師や塾もあります。不登校であっても、きちんと勉強を進めていれば、通学できるようになったとき、すぐに学校生活にも溶け込めるでしょう。引きこもりの支援センターに行くことに抵抗がある子供でも、家庭教師なら受け入れやすいかもしれません。

家庭内だけで解決しようとせず、信頼できる第三者に相談することが、引きこもりの早期解決につながります。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555