怒りをぶつける前に冷静になる(第三者の必要性)

浮気・不倫

怒りをぶつける前に冷静になる(第三者の必要性)

パートナーの浮気が発覚した際、ショックを受けて気が沈んでしまう人は多いですが、逆に怒り心頭で相手の言葉すら耳に入ってこないという人もいます。パートナーの浮気が発覚したときに、怒りに任せて責め立てると相手が逆切れをするか、逆に謝罪する可能性もありますが、それが本心なのかは怪しい限りです。

パートナーが浮気をしたときには、一度時間や距離を置くなどして冷静になって話をしないと後で後悔したということになりかねません。浮気関係の修復を目指すなら、なおさら冷静になる必要があります。

相談の窓口では浮気修復についての相談も受け付けています。相談者の気持ちの整理を行い、性格などをしっかりと把握したうえで、浮気関係を修復するのに最善と思われる解決方法を提案し、相談者が納得のいく方法を実行することで、関係修復を成功させるのです。

他人に自分の気持ちを聞いてもらうことで、パートナーの浮気に対するストレスや不安を和らげ、気持ちを落ち着かせましょう。そうすることで正常な判断をすることができるようになるので、浮気関係修復が実現しやすくなるのです。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555