詐欺の現状(泣き寝入りが多い現状)

詐欺

詐欺の現状(泣き寝入りが多い現状)

増え続ける詐欺被害

各メディアで数多く取り上げられている詐欺被害ですが、現在でもたくさんの方がトラブルに巻き込まれています。警察への被害届も日々寄せられており、被害金額も膨れ上がっています。自分は大丈夫と思っていても、その手口や方法はどんどん巧妙化し、気付かぬうちに騙されてしまう方が多いのです。

中でも高齢者を狙ったオレオレ詐欺の被害は増え続ける一方で、後が立ちません。オレオレ詐欺は、不正に入手した電話番号に電話をし、被害者の息子や孫になりすまし、指定の口座にお金を振り込ませるなどの方法で被害者からお金を騙し取る悪質な詐欺です。そして現在では、口座が不正利用されているなどの嘘をついて警察になりすます方法や、振り込みではなくバイク便業者にお金を取りに行かせるなどの方法もあり、手口を変えてお金を騙し取っています。

また、架空請求による詐欺でも多くの被害が出ています。架空請求詐欺はインターネットサイトの利用料金が未納などと嘘のメールを被害者に送りつけ、支払わなければ裁判手続きをするなどの脅しを働き、指定の口座にお金を振り込ませる方法で騙しています。被害者の不安や恐怖心をあおった悪質な詐欺であり、オレオレ詐欺と同様、年々増え続けている手口です。

詐欺被害は他にも、始めからお金を騙し取ることが目的で異性に近付き、結婚をエサに相手から多額のお金を騙し取る結婚詐欺や低金利でお金を貸すなどと嘘のメールを送りつけ、申し込みを依頼してきた人に手数料や保証金名目でお金を騙し取る融資保証金詐欺などがあり、その手口は多種多様となっています。

泣き寝入りになる結果が多い

さまざまな方法でお金をだまし取る詐欺行為は悪質であり、被害者の方に大変な損失を与えています。そして注意をしていても非常に身近なところで被害にあう場合や、インターネットの普及で高齢者だけではなくすべての方が被害にあう可能性があるといえるでしょう。

被害者の方からすると、加害者が一刻も逮捕されることや自分がだまし取られたお金を返して欲しいという気持ちが強いと考えられますが、現状としては泣き寝入りになってしまう場合が多いです。理由としては、犯人は足取りがつかないような方法で詐欺行為を働きかけるので、突き止めるのが困難な状況にあります。

また、金銭の受け取り方を現金での手渡しに限るようにして、証拠が残らないような方法で仕掛けてくるケースが多くみられます。金銭の受け渡しをした記録が残っていないため、実際に被害にあったことを立証するのが難しくなってしまうのです。結婚詐欺の場合も、実際に交際関係があったのかを示すことが難しく、例えお金を騙し取られていたとしても、その証拠がなければ詐欺被害として扱われないこともあります。騙し取られたお金がすでに使われていた場合は、返却される可能性は低くなり、詐欺被害にあった証拠とすることも出来なくなってしまいます。

そして、被害者の方に多いのが、家族や職場に知られたくないなどの理由で、誰にも相談しないというケースです。被害内容や状況よって諦めてしまう方や、なかなか言い出せずにそのままにしてしまう方が非常に多くいます。このことが結果として、泣き寝入りになることが多い理由のひとつと言えます。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555