協議離婚を目指す際の注意点

離婚

協議離婚を目指す際の注意点

協議離婚がうまくいかないケースとは?

離婚には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3つがあります。日本の離婚は、慰謝料や財産分与、子どもの親権などを話し合いによって決める協議離婚が約9割以上と多くを占めます。

しかし、夫婦関係が悪化してしまった二人の話し合いは、感情的になってしまったり、相手が話に応じなかったり、連絡が取れなかったりと、なかなかうまくいかないというケースがとても多いのです。

一番多いのが、夫婦のどちらかが離婚に納得せず、話が全く進まないケースです。あと、どちらかが話し合いの度にコロコロと意見が変わり、話し合いではなく喧嘩になってしまうケースも多いです。他には、それぞれが離婚を希望しているにもかかわらず、条件面で同意が得られず、離婚手続きまでいかないケースもあります。これでは全く離婚に向けての話し合いができず、心身共に疲れてしまうだけですね。

スムーズに離婚に向けた話し合いを実現させるには、離婚問題のプロである弁護士に相談するのが重要です。

スムーズな協議離婚となるために弁護士に依頼する

協議離婚を目指すのに一番重要なのは、夫婦が離婚することに了承することです。離婚への合意ができていない段階では、その他の事はいくら話し合っても解決することはなく、時間や労力の無駄になってしまいます。そして、ただでさえ負担の多い離婚なので、少しでもスムーズにできるよう離婚問題に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。

もし相手が話し合いにきちんと応じていない場合でも、弁護士相手だと応じる場合も意外と多いのです。また、専門的な知識を駆使してこちらが有利になるよう離婚の交渉をしてもらえるので、条件のよい離婚が可能となります。難しい手続きなども進めてくれるので、大きな負担が少なくなります。法律のプロが味方についてくれるという安心感もできるので、離婚によるストレスも軽減されます。

離婚する際には、決めなければいけない事が多く、時間もかかりますし、労力もとても使います。弁護士に依頼することで、少しでもスムーズに離婚にむけての話を進めてもらい、精神的負担を軽減することがポイントです。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555