離婚をするには絶対準備(戦略、段取り)必要である

離婚

離婚をするには絶対準備(戦略、段取り)必要である

離婚は早まらない!

幸せな結婚生活をイメージし、愛する人と結ばれたはずが、いざ生活をともにしてみると、こんなはずじゃなかったという事に出くわすケースは多いと思います。夫婦はもともと他人なので、生まれも育ちも異なります。その為、持っている価値観や考えが一致するというのは、なかなか難しいのです。

夫婦の話し合いや譲り合いで解決していければよいのですが、どうしてもうまくいかなくなり、離婚という結論を出す場合もあるかと思います。嫌いになってしまった相手と、すぐにでも共同生活を解消したいという気持ちは分かりますが、離婚は決して早まらないでください。

離婚をする際には、適切な準備がとても重要なポイントです。よく離婚は結婚の何倍もエネルギーを必要とし、かなりのストレスがかかるといわれています。精神的・身体的にもかなりの負担がかかる離婚なので、しっかりと準備をすることで、その後の生活が大きく変わってきます。衝動的な行動避けて、冷静に離婚に向けた準備をし、少しでも心身に負担の少ない離婚を目指してください。

離婚に向けた準備とは?

離婚を考えるにあたり一番重要なことは、経済的に自立できるかどうかということです。自分で十分な収入を得ている場合以外は、今後の自立した生活に向けて貯金をしておきましょう。離婚になかなか踏み切れないケースとして、経済的な問題がとても多いのです。夫の収入だけにたよってきた専業主婦の方などは、あらかじめ離婚にむけて貯金をしておき、当面の生活ができるようにしておくことで負担が減り安心できます。

その他に、離婚後に請求できる慰謝料などにはどんなものがあるのか把握しておくことも重要です。婚姻費用や慰謝料、財産分与、子どもがいる場合の養育費などです。離婚後にシングルマザーとなるのであれば、母子手当や児童手当など公的な援助金などについてもあらかじめ調べておきましょう。

離婚後の自身の住居や仕事についても、あらかじめ目星をつけておくなど準備をしておくと安心です。

離婚後はすぐに新しい生活をスタートさせないといけません。感情的に行動するのではなく、しっかりと下準備をした上で離婚に踏み切りましょう。ただでさえ負担の多い離婚なので、金銭や離婚の手続き等専門的な事は、プロに相談し的確なアドバイスを受けることをおすすめします。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555