関係修復の現状

夫婦修復

関係修復の現状

浮気や不倫バレしても関係修復を望む夫婦は多い

パートナーの浮気や不倫が発覚した場合、ほとんどの人が離婚を選択すると思っているようですが、実際は関係修復を望む夫婦が多いです。パートナーの浮気が発覚した際に怒りや悲しみで相手を責め立ててしまいがちですが、本来責めてはいけません。この成り行きに至る理由は浮気原因が自分にあるかもしれないからです。

男性が浮気した場合、妻が妊娠・出産後で構ってくれない、セックスレス、会話の時間が減るという状態が理由になることが多いです。女性なら夫が仕事に忙殺され構ってくれない、会話がない、セックスレスという理由から浮気や不倫に走るケースも珍しくありません。

浮気疑惑がある場合、すぐに相手を責め立てず落ち着いてパートナーが浮気する理由を考え、自分の普段の行動を見直すことで、関係修復も可能となります。仮に怒りや悲しみが強い状態でパートナーを責め立てると、浮気や不倫の証拠をきれいに消し、さらにバレないよう工夫して浮気や不倫を継続するケースが多く、こうなってしまうと証拠をつかむことが難しく、慰謝料請求や協議離婚が難しくなってきます。

夫婦関係の修復は、浮気や不倫をしたパートナーを許すだけでなく、浮気や不倫をした側も、相手と関係をきっぱりと切って、きちんと謝罪し、互いに直さなければならない点を改善し、相手の気持に寄り添っていくことが大切です。

しかし実際には、パートナーの浮気現場を見てしまったトラウマや当時の出来事をフラッシュバックしてしまい、なかなか思うようにうまくいかない夫婦が多いのも事実です。

夫婦関係の修復は長期戦になる

夫婦関係の修復を希望したけれど、実はまだ浮気相手と連絡を取り合っていることもよくあります。不思議なことに、浮気相手ときちんと縁が切れているかを確認せず夫婦関係を修復しようとする人が多い傾向にあります。

夫婦関係をきちんと修復するためには、慎重過ぎと思えるくらいの行動を取りましょう。パートナーの浮気や不倫が発覚すると、パートナーをとても不潔だと感じてしまう人が多く、スキンシップや会話が減ってしまうのも当然です。

焦りすぎると自分の気持ちをコントロールできなくなったり、失敗してしまったりします。一度壊れた信頼を取り戻すのはとても難しく、夫婦関係の修復は長期戦になります。

親しい人にもなかなか相談しにくい内容ですが、一人で抱え込むとストレスや不安が大きくなり、うまくいくものも失敗してしまうことがあります。

相談の窓口ではさまざまな相談を受け付けています。もちろん浮気や不倫などの悩みや、夫婦関係修復についての相談も可能です。相談者の生い立ちや性格などをきちんと把握したうえで、ストレスや不安を解消し、悩みをしっかりと解決できる方法を提案するカウンセリングを実施しています。

相談者の気持ちや考えに寄り添い、そのとき最善だと思われる方法を提案し、相談者が実行していくことでより早く問題を解決することができるよう、スタッフが誠心誠意お手伝いいたします。
不倫や浮気でお悩みなら、一度相談の窓口へ相談して、スタッフと一緒によりよい解決方法を探してみませんか。


これらのお悩みや問題は、その道のプロにご相談されてはいかがでしょうか。

一般社団法人【相談の窓口】では、カウンセリングを通じて相談者にとってよりよい状況となるよう問題解決方法の提案も行っております。お問い合わせはこちらをご確認ください。

一般社団法人 相談の窓口
・〒115-0045 東京都北区赤羽2-45-8ファーストビル赤羽3F
03-5215-2555